2018/03/29

淡路屋 MIXコラボ ミックスグリル弁当:1100円




阪神甲子園球場

あだち充の野球漫画「MIX」と第90回記念選抜高校野球大会がコラボした今大会限定のスペシャル弁当。高校野球と言えば「あだち充」であり、「MIX」は「タッチ」の主人公・上杉達也が甲子園で優勝した約30年後を舞台に、血のつながっていない立花兄弟が明青学園に入り、甲子園出場を目指す野球マンガである。

昔ながらの人間としては非常に心ときめくコラボレーションである。

しかも、今回のコラボ弁当は『タッチ』に登場する喫茶店「南風」の看板メニューであるナポリタンがメインらしい。原作ファンとしては惹かれるものはあるが、心の中では少しではない不安も感じていた。

そして、その不安は見事に的中する。

これ、スーパーで三食100円位で売っているパスタだろ!!!??
一口食べただけでわかるぞ!
一番売りの部分でこれはイカンだろ!?

しかも、この弁当。
ナポリタンが売りという事で、おかずの大部分を占有するのだが、そうなるとご飯に対してのおかずのボリュームが全く足りず、ナポリタンでご飯を食べざる得なくなる。
バランスがめちゃくちゃ悪い。

喫茶店を意識したウインナーの切り方や缶詰のサクランボ、サイドメニュー等、個人的には評価したい部分も多々あるが、肝心の部分が貧弱すぎる。
改めて、夏に期待したいと思う。



ケンタッキーフライドチキン 新チキンフィレダブル:600円


阪神甲子園球場

「肉と肉で具材を挟む」
なんと力強く、狂気に満ち溢れた言葉だろうか。

この商品は一枚肉をバンズ代わりに2枚使用し、その間にチーズ、ベーコン、マヨネーズを挟みこんでいる。見た目のインパクトも凄いが、カロリーはもっと凄い。
こいつは完全にカロリーモンスター。
発想の源が完全に狂っている。

味なんて食べなくても解る。絶対に美味い。
だって、昔誰かが言っていたじゃか、「美味いものは全て高カロリーだ!」と。

ただ、これだけ欲望が剥き出しだと、食後の胃もたれも半端ない。


2018/03/27

ケンタッキーフライドチキン ケンタ丼:750円


阪神甲子園球場

ケンタッキーフライドチキンをオン・ザ・ライス。非常に単純な発想だが、ありそうでなかったこの商品。普通のケンタッキーフライドチキンの店舗でも見かける事は殆どない。それもそのはず、この商品はここ甲子園球場は発祥の地であり、全国でも販売している店舗は4店舗しかない非常に珍しい商品なのだ。

ただ、実際に商品として使用されているのはサイドメニューでお馴染みのカーネルクリスピーで、甘辛のタレがかかっている。なので、イメージは鶏天丼に近い。

注意したいのは、この商品を購入する時は絶対にその場で調理している店舗で購入する事。作り置きのケンタ丼は衣はフニャフニャ、米はビチャビチャで不味くて食えたものではない。

甲子園スパイスカレー:700円


阪神甲子園球場

甲子園球場三大名物と謳われる「甲子園カレー」ベースのキーマカレーに、バジル、フライドオニオン、クミン、コリアンダー等の焙煎した香辛料をたっぷりかけて仕上げる本格仕立てカレー。カレー自体は相変わらずレトルトなのだが、香辛料は盛り付け後にトッピングされるので、その風味はダイレクトに口の中で広がる。

「スパイスカレー」という名称から辛口のカレーを想像していたが、辛さ自体は普通の甲子園カレーとほとんど変わらない。

2018/03/26

ジャンボ焼鳥:350円


阪神甲子園球場

甲子園球場三大名物の一つと謳われている「ジャンボ焼鳥」。
もも肉と皮が交互に刺さっているのが特徴で、秘伝の醤油ダレで焼き上げられている。

ただ、個人的には正直美味しいとは思わない。
と、いうのも、恐らく事前に鶏肉に火を通してから焼き上げているからだと思うが、食感が焼鳥にしては柔らかすぎるのだ。
最大限の賛辞として、よく出来たコンビニの焼鳥である。
だが、そうだとすると、値段が高すぎる。


ラスポテト プレーン:500円 明太子ソース+50円


阪神甲子園球場

いまやどのスタジアムでも定番メニューの一つとなったオランダ生まれのこのポテト。
外はサクサク、中はモチもちの触感は基本揚げたてで提供される事から、普通のポテトと比較しても当たり外れが少なく、安定して美味いのが何よりも嬉しい。



2018/03/21

㐂一 焼きチーズカレーうどん(エビ天のせ):800円


鴻ノ池陸上競技場

「大和牛ホルモンの天ぷら」と同じ店で購入。
オーダーが通ってからカレーを温め、チーズをバーナーで炙り、天ぷらを揚げて、カレーを温め、うどんを茹でる。これをご主人一人で熟すのだが、とにかく手間と時間がかかる。なので、私もこの日約10分程待たされた。

正直、これだけ手間がかかって800円なら、圧倒的人気を誇るホルモンの天ぷら一本に集中した方が売り上げはあがるだろう。オペレーション的にも圧倒的に楽だしね。
ただ、そんなことは一々私が言わなくてもやっているご主人自身が一番わかっている事である。だからこそ、そこに心意気を感じるのである。
そして、しっかり美味い。
カレーうどんに海老天、そしてチーズというあまり見ない組み合わせだが、これが中々イケるのだ。個人的にはホルモンの天ぷらよりもこちらをおススメしたい。



㐂一 大和牛ホルモンの天ぷら:400円


鴻ノ池陸上競技場

「ならB級グルメ決定戦」でグランプリを獲得したというこの商品。
新鮮なホルモンをカラッと揚げており、お酒のお供としてはかなり優秀だろう。
ただ、個人的には折角大判で揚げたものをカットするのではなく、そのまま、もしくはもう少し大きめのカットで食べてみたかった。そっちの方がいいと思うんだよなぁ…。
あと、もう少し塩が効いていればもっと美味いと思う。


イカ焼き:1000円


鴻ノ池陸上競技場

本当は違うものを食べようかと思っていたが、あまりにもドデカいイカ焼きに目を奪われ、そして心も奪われた。なので予定を変更してこちらを購入。
ただ、まさかこんなに高いとは思わなかった…
しかも、焼き置きを温め直すスタイルにも関わらず、全然熱くない…
だから、当然美味しくない…


2018/03/15

糸井の超人パワフルカルビ丼:1200円


阪神甲子園球場

糸井選手のこだわりである味噌ベースの味付けで仕上げたボリューム満点のカルビ丼!」との事らしいが、正直ツッコミどころが満載過ぎる。

まず、ボリューム満点とあるが、ハッキリ言って大嘘。
全くない。

大体、肉が少なすぎて、底の白米が至る所から『コンニチワ!」している丼のどこがボリューム満点なんだ?肉も味付けはまだしも、硬くて全然美味しくない。
味付け玉子は同じ売店で販売している「メッセの豚骨醤油ラーメン」の使い回しで、全体的な味のバランスはニンニクの芽とキムチで誤魔化している。

そして、何よりも許せないのは、この程度の丼が1200円もするという事である。

ありえない…。

これなら、吉●家の牛カルビ丼大盛にキムチと半熟卵をトッピングした方が遥かに安くて満足度も高い。
つーか、同じ肉系なら「金本兄貴のスタミナハラミ丼」の方が数百倍完成度も高い。

何故、これでイケると思ったのか?圧力でもあるのか?
一晩中でもいいので言い分を聞いてみたい。


メッセの豚骨醤油ラーメン:800円/メッセ盛:1000円


阪神甲子園球場

ラーメン好き!と、ファンの間でも有名なメッセンジャーが、細部までこだわった一品。濃厚な豚骨醤油はいわゆる「家系」で、それに合わせるのは定番の海苔、ほうれん草、そしてガーリックチップ。

家系ラーメンとしては、王道中の王道である。

この味にチャーシュー2枚と味玉付きでこの値段なら、かなりお手頃だろう。

麺がイマイチなのと、ボリュームに物足りなさを感じる部分もあるが、
+200円の「メッセ盛り」なら、麺もチャーシューも二倍!!とかなりお得になる。

甲子園でラーメンが食べたいのなら、あれこれ迷う必要はない。
他に目もくれるな。これを食っとけ。

※2019年シーズンから価格は850円に値上げ。
メッセ盛りも1050円となる。
こりゃー、ますますメッセ盛り一択だな。

2018/03/12

伊タコ焼・四種盛り:1000円


グリーンスタジアム神戸

このスタジアムでは数少なくなった名物グルメ・伊タコ焼。
その伊タコ焼の4種類のソースが4個ずつ(計16個)全て食べることが出来るという何とも贅沢なセット。
あれこれ迷う必要のない、顧客にとっては理想とも言うべき商品である。


内容は
●ソース ●塩ガーリック ●おろしポン酢 ●明太子マヨネーズ
ただ、ソースによって味の濃さが違うので、食べる順番だけは間違えないようにしたい。

沖縄料理・金魚 ブッチャー丼:800円


グリーンスタジアム神戸

豚肉たっぷりのガテン系丼。
ボリュームも食べ応えもあり、肉喰ってる中枢は十分に満たされる。
でも、ちょっと高くね??




焼き餃子:3000ウォン


文鶴野球場

日本の餃子とは形状が異なる焼き餃子。
餡子もたっぷりで食べ応えもある。
味もまぁイケる。

アイスオレオ:3500ウォン


文鶴野球場

いちいち説明する必要などないだろう。
見ればわかる。
美味いに決まってる。

カップヌードル:2500ウォン



水原ワールドカップ競技場

まぁ、正直期待はしていなかった。
ただ、それでもあんまりじゃないか…。
辛いだけじゃないか…。





とどろきフロンストア 変わり種から揚げ:400円


等々力陸上競技場

メインスタンドの売店にて数量限定にて販売されている代わり種からあげ。
対戦相手や季節によって味が変わり、この日は対戦相手がオーストラリアのメルボルン・ヴィクトリーという事で、用意されたから揚げは
『オージービーフステーキ"風"唐揚げ」

正直意味が解らない。

しかも、注意書きもある。
『※この商品はから揚げです。ご了承ください。』

哲学的過ぎて、更にわからなくなる。

そもそも、「鶏」のから揚げを「オージービーフ」に寄せる必要があるのか?
そもそも寄せるぐらいなら、最初からオージービーフを揚げればいいんじゃないのか?
「オージービーフ」という、さして特徴もない牛の味を全面に押し出す必要があるのか?
っーか、わかる人間がいるのか?

頭の中に疑問がグルグルと駆け回る。

ただ、一つだけはっきりとしている事がある。
普通のから揚げの方が絶対美味い。


元祖ニュータンタンメン本舗 まぜタン:850円


等々力陸上競技場

川崎のソウルフードといわれる元祖ニュータンタンメン本舗。
正直、私はあまり好みではない。
ただ、これに関しては、まだマシだとは思ったが、それでも、うーん…。
個人的には何故人気があるのかが解らない…。




鶴心 秘伝のからあげ:各500円


大阪市長居陸上競技場/ 球技場

秘伝のタレで漬け込んだ「鶴心」から揚げ揚げ。
定番の商品の他にも10種類ほどのソースが用意されている。
今回は「トマトガーリックソース」と「タルタル」をチョイスしてみたが、確信した。
余計なソースはいらん。
結局、完成されているもの何を加えても蛇足でしかないということである。



喜久屋のオムライス 明太クリームソース:700円


大阪市長居陸上競技場/ 球技場

作り置きのチキンライスは許せるとして、一番肝心な明太クリームソースから明太子感が全くしないというのはどういう事だ?
やり方さえ間違えなければ絶対に外さない商品だけに、非常に残念である。


金久右衛門 しじみゴールド:800円


大阪市長居陸上競技場/ 球技場

なんだろう、この美味さは…。
キラキラに輝いた柔らかい口当たりのスープには、体の細胞一つ一つにまで染み渡りそうなシジミのエキスが充満している。
見事なまでの圧倒的シジミ感である。
心なしか麺からもシジミの香りがするのか気のせいだろうか?

ただ、個人的にはネギはシジミの風味が損なわれるのでいらないと思う。

吉祥吉 神戸牛ステーキ丼 極上赤身:1700円


御崎公園球技場

日本三大ビーフの一つ神戸牛。
そもそも神戸牛とは、兵庫県で生産された但馬牛で未経産牛・去勢牛であり、格付等級がA4以上のモノだけがなのれる名称である。それゆえ、味、値段共に日本最高との呼び声も高く、海外著名人の中にも数多くのファンを持つことで知られている。

要するに、何が言いたいか?
スタジアムで気軽に食べるモノではないという事である。

ぶっちゃけ、然るべき所で食べれば部位にもよるが、100g10000円は下らない。
それが、スタジアムでこのお手頃価格で食べることが出来るのである。

しかも、あの神戸牛の名店「吉祥吉」 の神戸牛である。
私にとっては驚きしかない。

そして、さすが神戸牛である。
神戸牛ならではのキメの細かい油の旨みが口の中を完全に支配し、心地よい芳香が鼻を突き抜けるする。
最高である。全身肉支配率100%である。

ちなみに、ここでは三種類の部位が用意されており、それぞれ
・赤身 1000円(丼 1200円)
・極上赤身 1500円(丼 1700円)
・別格希少部位 2000円(丼 2200円)。

スタジアムグルメ基準だと、この価格は高い!と思うかもしれないが、ハッキリ言う。
めちゃくちゃ安い!
神戸に来たなら間違いなく食べるべきであろう。





神戸ブランド ヴィッセル丼:550円


御崎公園球技場

牛バラ肉を焼肉のタレで炒めただけ。
たいして美味くもない。
これを名物みたいな位置付けて売っているが、いいのか?


サーランギ タンドリーチキン:600円


御崎公園球技場

以前、この店ではチキンカレーを食べた事があるが、その時おまけとして付けてくれたのがこのタンドリーチキンである。
あまりにも美味かったので、今回は改めてタンドリーキチン単品で購入してみた。

普通、タンドリーチキンと言えばタンドールと呼ばれる窯で焼き上げるのだが、こちらの商品は油の中で焼き揚げしている。それゆえに、タンドリーチキン特有のパサつきが無く、最後の一噛みまでジューシーそのもの。
そして、噛むごとに口いっぱいに広がるスパイスの香り。
店員のインドジョークのクオリティーの低さからは想像も出来ない程、美味いのだ。
いや、美味いどころではない、美味すぎるのだ。

クオリティの低いネパールジョークを差し引いても個人的は文句なしの★3つ。
このスタジアムに来たら、絶対に食べるべき商品である。




きのこプルコギ弁当:8900ウォン


水原総合運動場野球場

これといって特徴はない。
ただ、何故か日本語でメニュー表記がされていたので購入してみた。
正直、日本人が観戦に来るとは思えないんだけどなぁ…。

Steak Hotdog:15000ウォン


水原総合運動場野球場

いくらステーキサンドとは言え、韓国でこの値段はかなり高い。
それだけに期待していたが、正直がっかりした。
不味くはない。
ただ、美味くもない。ただの肉である。

ちなみに、左上に見える巨大な固形物は芋、ただのふかし芋である。
こんなにいらんわ!

Perro caliente:5ユーロ


シウダ・デ・バレンシア

大きめのパンに敷き詰められたソーセージ。
これだけで十分に血沸き踊るものがある。

そのソーセージも生からボイルし、そして炭火で焼き上げたものである。
不味いわけがない。

正直、全く期待していなかっただけに、これは予想外に嬉しい事実である。

Rote Bratwurst:3.5ユーロ / Leberkäsesemmel:2.9ユーロ


インゴルシュタットシュタディオン

「Bratwurst」はこの値段で二本入りと素晴らしいコストパフォーマンス。
味に関しては何度でも言おう、最高だ。
「Leberkäsesemmel」とはドイツ風ミートローフ。カイザーゼンメルという白パンに挟んで食べるレバーケーゼゼンメルはバイエルンの定番である。
マスタードをたっぷりつけて食べるとよいだろう。